ホーム > 美容 > 綺麗に乾かす

綺麗に乾かす

今日はオススメの
美容院を探しているならオレンジポップさん
で髪の毛についての情報をゲットしてきました。

綺麗に乾かす方法でサロン帰りのような髪になります。

まずはハンドドライ(手で乾かす)という

手ぐしのみでまるで美容室で乾かしてもらった時みたいに

ツヤツヤになれるのですが

ポイントを抑えるだけで

家でもツヤツヤの美髪を手に入れることができます。

まず乾かす前にしっかりとタオルドライ。

この時あまり髪の毛同士をゴシゴシとこすっては絶対にだめで

髪の毛がギシギシになってしまいます。

優しく髪の毛を包み込むように挟んで水気を飛ばします。

濡れている髪の毛ってすごくデリケートです。

お水は弱アルカリ性なのですが

髪の毛はアルカリに触れると髪の毛表面のキューティクルが開いてしまい

外部の刺激にすごく弱い状態になってしまうのです。

濡れている時間が長ければ長いほどカラーリングの色落ちは進み

髪の栄養分も垂れ流し状態になってしまうので

なるべく濡れている時間は短くていねいにが基本となります。

洗い流さないトリートメントは乾かす前に

ドライヤーの熱から髪の毛を守るために洗いながさない

トリートメントを少量手のひらになじませて

ぬれている状態の髪の中間から毛先にかけて手ぐしを通しながらなじませます。

これは裏技で

櫛がある場合は櫛をつかってムラなくなじませるのがおすすめです。

乾かす時は前髪からスタートします。

前髪や顔周りは一番クセの強い箇所なので

濡れているうちに生えグセを直してあげます。

前髪がいつも割れて嫌な方は一番初めに

根元が完全に濡れているうちによく左右に振りながらよく根元をこすって

根元のクセを直してあげます。

次に全体の根元を中心にかわかしていきます。

なぜ根元からなのかというと

全体をバーっと乾かしてしまうと絶対に毛量の少ない毛先から乾いていきます。

全体を均一に乾かしてしまうと

最後には毛先はツヤのないパッサパサな感じになってしまいます。

また乾きにくい襟足から

下を向いて乾かすと根元が全て前を向いてくれるのでおすすめです。

なぜ根元が前を向くと良いのかというと

根元が前を向いてる毛先が跳ねることがよほどのことがない限りはねないです。

なので、ショート、ボブ、ミディアムくらいの人だと

耳に髪の毛をかけた後に元に戻すと毛先があれ?

みたいな感じで根元が後ろを向いてしまったことで

毛先がはねてしまっているんです。

なので、髪の毛を乾かす際は

ちょっと貞子みたいで怖いですが頭を下げて

後ろから風を当ててあげることが必須です。

根元を乾かしたら中間から毛先にかけて乾かしていきます。

よくやってしまいがちですが

風は絶対にしたからでもなく、横からでもなく上から風を当てます。

この時手ぐしを通しながら上から風を当てて乾かします。

この時、髪の毛を若干ひっぱりながら

風を当ててあげることで髪の毛にツヤがでます。

なぜツヤがでるのかというと

髪の毛の表面にはキューティクルといううろこ状になっていて

そのキューティクルが整っていると

ツヤのある髪の毛にみえるのですが

普段の日常によるダメージ(摩擦、紫外線etc)や

カラーリング、パーマなどによって乱れてしまっていることがほとんどです。

そのキューティクルを整えることができるのがブローなのです。

ポイントは手ぐしで軽く引っ張りながら

風は乱れたキューティクルを押さえつけるように上から当ててあげれば完璧です。

キューティクルが整うと光の反射が綺麗に反射するので

ツヤのある髪の毛になれるんです。

全体が乾いたら最後に冷風をあててあげることで

形がしっかりと固定されるので乱れにくいツヤツヤブローの完成です。


関連記事

  1. アイメイクで人柄まで変えられる

    人は服装で見た目が変わると言いますが、それはぱっと遠くから見た、見た目の事です。...

  2. 綺麗に乾かす

    今日はオススメの美容院を探しているならオレンジポップさんで髪の毛についての情報を...